車検で気を付けないといけないポイント

車検費用は、大きく2つに分けられ、そのひとつが「法定費用」と呼ばれるものです。「自動車重量税・自賠責保険料・印紙代」から成ります。法定費用は自動車の種類や車両重量、車検の有効期間などによって一律に決められているもので、ディーラーや民間工場、その他で車検に出す場合も同じ金額が必要になります。もうひとつは、点検費用です。車検を受けるために必要な点検・整備にかかる作業工賃や部品代などで、「24か月点検整備費+検査代+代行手数料」などが含まれます。一般的に、納車から年数が経つほど車検の費用も増大する傾向にあります。部品の劣化が進むことで、交換や整備が必要となる個所が増えるからです。法定費用と違い各業者で価格を設定しているので、車検コストを抑えるとすればこの点検費用を、どのように節約するかがポイントです。

車検費用を効率的に節約するには

手軽にできるのは、見積もり依頼をして価格比較することです。簡単に見積もりを出せるサイトもあるので、利用してみましょう。ガソリンスタンド・車検専門店・大手自動車用品店でも車検を行っています。重要なのは、車検に対する考え方で整備金額は大きく変わってくるということ。買い替え予定があるような場合、必要最低限の整備にとどめることで経費削減になります。見積書に提示された交換案件は本当に必要かどうか確認してみます。パーツ交換も、作業を自分で行うかリビルド品を自身で手配すれば安く済みますし、交換しないという選択もあり得ます。この他に、全て手続きを自分でするユーザー車検という節約できる車検もあります。これは点検整備のみ車検する前の点検を展開している業者に依頼し、その他の書類の準備や提出、重量税の納付と継続検査などを自分で手続きするという上級者テクです。

車検節約で気を付けないといけないポイント

車検は、人間で例えると定期検診です。愛着がある車を長い間大切に乗りたい人は、きちんと受けたいものです。一番確実なのは、やはりディーラー車検です。ブランドイメージを守るため、独自の基準でパーツや消耗品をメーカー純正品に早め交換するため費用は高くなりますが、長く乗ることを考えると、ディーラーでメーカー直系の整備を行った方が一番の節約になる場合もあります。また費用削減にばかり気を取られている間に車検切れ、となっては本末転倒です。車検証の有効期間が切れた自動車で公道を走行した場合、運転免許の停止や取り消しなどの行政処分の対象となります。車検の切れ車には自動車保険は適用されないため、無保険車を公道で走行させたことにより道路運送車両法や自動車損害賠償保障法に違反した罪で、懲役や罰金などの厳しい刑事罰も科されます。車検が切れた自動車の走行は、厳しい処分を受ける事になることを肝に銘じておきましょう。