車検は引っ掛かりやすいポイントがあります

車検に出す方法はディーラーに出す方法、車検専門店や量販店などに出す方法などがありますが、一番費用を節約するならユーザー車検です。ユーザー車検とは、自分で運輸支局などに車を持ち込んで、車検を受けることです。そうすることで、ディーラーや業者に頼んだ場合にかかる代行手数料など諸々の費用を抑えることができます。ユーザー車検の仕組みは、以下の通りです。まず、車検を受ける前の準備として、24か月点検整備を受けましょう。これは、24か月ごとに行うよう法律で義務付けられている定期点検です。この定期点検は自分で行ってもよいのですが、特殊な工具や知識・技術が必要ですので、実際素人では難しいことから安全面を考えても、ディーラーや業者に依頼するのがベターです。次に、車検証、自動車納税証明書、自賠責保険証明書など必要な書類を当日までに用意しておきましょう。次にインターネットで車検の予約をとります。

ユーザー車検が一番費用を抑えられます

車検当日の流れは、運輸支局で行う検査と同じ内容の検査を運輸支局の近隣にある民間の「予備検査場」で受けます。料金は5千円くらいが相場です。ここで不合格の項目があると、車検の合格も難しいです。次に、陸運協会で必要な書類を購入します。自動車検査表、継続検査申請書、自動車重量税納付書、の3つです。次に、自動車重量税と検査手数料の印紙・証紙を購入し、それぞれの書類へ貼り付けます。次に、自賠責保険の継続加入の手続きを代書屋さんでやってもらいます。次に、自動車納税証明書を納税確認窓口に提示します。問題なければ、押印してもらえます。次に、ユーザー車検受付窓口で書類を提示し、車検の受付を行い、予約をした際に発行された予約番号も伝えます。次に、検査コースでの受験です。外観やタイヤ、ブレーキなどいくつかの検査を終え、すべて合格の場合、書類を提出し、新しい車検証と検査標章を交付してもらいます。

検査項目を確認して、一発で合格できるようにしましょう

検査に不合格の場合は、再検査となります。2週間以内に行けば、不合格だった箇所の検査のみで済みますが、2週間を過ぎてしまう場合はすべての検査項目を受け直さなくてはなりません。そのためにも、事前に行う点検を徹底しましょう。車検の検査の際、ひっかかりやすいポイントがありますので、参考にしてください。まず、ヘッドライトですが、光軸がずれることがよくあります。サイドスリップは、走行距離が長い車や、道が悪いところをよく走る車がひっかかりやすいです。上記ふたつは自分でもできますし、予備検査場でも検査してくれます。続いて車高です。エアサスが装着されていればいいですが、そうでない場合はタイヤの空気圧を最大限にするなどして、車高をあげましょう。また、社外品を取り付けているマフラーは、音量測定をされる場合があります。再検査とならないよう、見落としはないか確認しましょう。